居酒屋さんもそろそろ完全分煙へ できたら禁煙がええけどね~

先日子供を遠くのお医者さんへ連れて行った話は書きましたが。

5時半の予約だったけど 「待つのは覚悟してきて下さい」と言われてました。
終わって家の最寄駅に着いたのはもう7時半頃だった様な・・・。

その日は仕事もした後 速攻で着替えて電車に乗り 通院。あっ 診察待ってる途中に少し離れた商店街にダッシュして次の日の子供のパンを買ってダッシュで戻ったなぁ。クタクタ・・・。

帰ってご飯するのは無理!ということで 息子に「食べて帰るけど どこ行きたい?」

そしたら息子は「わたみん家~」と。

そう わたみん家の焼き鳥って美味しいのよねぇ~。
身もでっかいし てっきりブラジル産とかだと思ってたら 国産らしく。
しかも 禁煙席があるんです!
年に数回 家族でオープンすぐに入店して ほとんど安い焼き鳥ばっかり食べて速攻で帰ってました。
だって 時間が経つにつれてたばこ臭くなるし・・・完全分煙じゃないからね~。
それでも 居酒屋で禁煙席があるのは画期的よ~。

息子が最近自転車乗れないのも書きましたが 最寄駅から家までは自転車でないとちょっと遠くて それでここ長いこと行ってませんでした。だから すごく行きたかったのかも。

で この店の禁煙席は4テーブルしかないから予約するか 6時までに行かないといっぱい
禁煙席利用は 子連れのファミリーだけでなく 若い人が多いんです。
若い人の喫煙率が低下してるのは この状況からもわかります。

息子には「もう遅いから煙草臭かったらガストね~」と念押してから行きました。
まぁ ガストも完全分煙でないから かなり臭い時もあるけどね。

平日でお客も少ないのに 禁煙席は満席でした。
煙草臭くもないし、禁煙席近くのカウンターはガラガラだったので すぐ帰るし そこに座ることに。

そうすると 店員さんが「禁煙席が空いたので移動されますか?」と尋ねてくれて 親切~って感じで移動。

一気に焼き鳥とご飯ものとサラダ注文して(あんまり儲けさせてくれないお客だけど)速攻で食べました。
大根サラダたっぷりだし(こういうとこも健康に配慮してくれてる感じ) それに子供はドリンク飲み放題なんです。

最近ガスト行っても夜はセットにすると千円超えるし それを思うとわたみん家 割引券とか使えばファミリーの外食にもいいのよねぇ・・・。

でも思うけど これだけいつも禁煙席の取り合いになってるのに そろそろ禁煙席と喫煙席の割合を変更する時期じゃないかと思う。

それはガストなんかファミレス行っても思うのよ。

だってファミレスやん!って(笑)

居酒屋でも禁煙席の時代に ファミリーが来るってことは子供が来るってことやのに 子供が来るの前提の店が形だけの分煙でええの?って思う。

ステーキガストとかは完全禁煙で偉い!
誰も文句言う人もないし。土日の夜はいつも何組も待ってるし。

お店の意識の方が遅れてる?って感じがします。

もう居酒屋も禁煙の時代よ~。
完全禁煙にして マックみたいに喫煙ルーム作ればいいねん。
自分の健康がどーでもいい人だけ 更に体に悪いように個室で吸わせてやれ~(笑)

ちょっと意地悪発言だけど 以前こういうこと言うてる人いたんです。
喫煙者が「狭い部屋で吸うのは臭いからイヤ」って。

は~???って感じですよね。これだけ喫煙者って自分勝手なんです。
この発言を聞いてから 私かなり喫煙者に敵意を持つようになったかも(笑)

まずは ファミレスは全席禁煙 居酒屋さんも禁煙席の比率を多くしていくべきです。
しかも分煙は煙が流れて来ない 完全分煙へ。
人類の健康の為にも。

自治体が飲食店も完全禁煙にしようとしても 飲食店の反発がかなり強くてポシャるみたいだけど 飲食店のオーナーの方が意識が追いついてない気がする。

利益のことばかり考えて 農薬だらけの安い野菜仕入れて 防腐剤だらけの食材を仕入れて お客や店員がどんだけ煙草の煙を吸おうが知ったことちゃうみたいにやってるお店と 人の健康を考えてお料理を出してくれるお店と・・・それは 神様が見てると思うのよね。

とにかく 非喫煙者の為に配慮してくれてるお店は 微力ながら応援します。

今後も喫煙のことについて ちょくちょく書いていこうと思います。











スポンサーサイト

健康診断

木曜日は年に一度の健康診断。問診票には喫煙に関する質問があるが、今年も「たばこを吸いますか」の問いに対しては「以前吸っていた」と答える [ニコニコ/]そして、「たばこをやめ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ママはアトム

Author:ママはアトム

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR