FC2ブログ

やっぱり無痛分娩は危険 ニュースより

無痛分娩には危険が伴うという記事が。
抜粋しますね。以下がその記事です。

研究班は、2010年1月から16年4月までに報告された298人の妊産婦死亡例を分析。無痛分娩を行っていた死亡例が13人(4%)あり、うち1人が麻酔薬による中毒症状で死亡、12人は大量出血や羊水が血液中に入ることで起きる羊水塞栓(そくせん)症などだったという。

 池田教授によると、国内の無痛分娩は近年、増加傾向にあり、データ上、無痛分娩で死亡率が明らかに高まるとは言えないという。ただし、「陣痛促進剤の使用や(赤ちゃんの頭を引っ張る)吸引分娩も増えるため、緊急時に対応できる技術と体制を整えることが必要だ」と話している。
.

私は無痛分娩を全否定してる訳ではないです。

もし 自分のお産の時に麻酔なして出産できたか?と考えると無理だったと思います。

以前も書いたかもですが、2人・3人と出産した人には その痛みはわからないと思います。

私のあの痛さは 「耐えられなくて無痛分娩にした。2人目なんて考えられない。」という人としか 気持ちを共有できないんです。

だから必要な人もいるけど、
もっと医師は麻酔の針を何度も打たなくていいように、位置をしっかり判断しないといけないし、
麻酔の効き方も個人差があるので、その麻酔の量を先生に扱う医師が必要だと思います。

これは 母体を守る意味でも絶対だし、記事にもあるように吸引分娩をできるだけ避ける意味でも重要です。

麻酔の量も 私のように大量に使わなければ大丈夫だったという場合もあると思います。

人生長いので もっと年いったときに病気で手術なんて可能性もある訳ですから その時に麻酔で大変なことになる可能性も お産の時に必要最小の量を使っておけば 後々助かることもあります。

16年前の 私のお産は麻酔科上がりの産婦人科医師で あまりに無知でした。

いや、今でも経験少なかったり 麻酔に何の躊躇もない医師は本当に怖いです。

もし 妊婦の間にこのブログに来られた方は 自分も健康に赤ちゃんも頭歪まないで 元気で楽しい子育てが出来るように しっかり医師に遠慮なく「もし 麻酔が必要になった場合は、麻酔を少しづつ少しづつ。効いてる間は追加しないでくれ」としっかり伝えて下さい。

そして 産後 体調がおかしいのは明らかにお産が普通でなかった証拠です。
家族の方は 遠慮なく医師に「妻は病人です」というのを伝えて下さい。

でないと 産婦人科は基本産後のお母さんは病人と見ないですから 「そんなことで退院したらどうやって子供の面倒見るの?」とか「早く次の人の為にベッドを空けてくれ」とか言うてきますが 絶対応じてはいけませんし、お母さんの代わりに家族が戦ってあげて下さい。

お母さんと赤ちゃんの健康が守られますように。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ママはアトム

Author:ママはアトム

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR