FC2ブログ

子供の習い事 言葉の遅い子はやめる前に先生を変えてみる

先日 息子が「今頃そんな話する?」みたいな話をしてくれたんです。

習い事の話なんですけどね。

息子に鍵盤楽器習わせてたんですよ。小3くらいかな?

その当時 先生の指の1本が第1関節くらい欠損してるという話をしてくれました。
先生が子供の時に事故で怪我してしまったんだと。

で「じぃーっと見ちゃうねん」って。

私は「でも 頑張って先生になってんね。偉いね。」って。

そう問題に思ってなかったんです。

でも そのうちに練習しなくなって やめてしまったんです。
他の楽器に興味があったのもあって 鍵盤楽器には興味が持てないんだと思った。
人それぞれだもんね。

そしたら やめた理由を 今頃話してくれて(笑)
まぁ ほぼ笑い事じゃないんですけどね。

息子曰く

あの頃な 俺 先生の指ばっかり気になって見てしまっててん。
そしたら 最初は先生「そんな気になる?」って大人の対応やったけど
だんだん怒って言うようになってきて・・・それで行くのがイヤになってん。

私は「なんで それ説明してくれへんかったん!」

息子「だってそういうもんやと思ってたし、どう説明したらいいかわからんかってん。」

そやな・・・あんたはそういう子やった(笑)

子供にとっては最初の世界がすべてなんですよね。
別の世界があるなんて思わない。

指がないからって 差別するようなことしたらあかんって それは息子も理解してるんだけど、当然 いろんなことに興味のある子、好奇心の塊みたいな子には それでも普通の態度で・・・ってのは難しいよね。

大人でも難しいかもね。

うち そろばんもそうだったんですよ。

でね やめるときにメールで連絡したんですけどね。
両方の先生が感じ悪かったんですよ。

このときにピンと来るべきだった。

簡単に先生変更できない場合もあるだろうけど、1度は先生変更すべきだったなと。
それでもダメなら その習い事とは縁がないんだと思います。

「今からでも 習うか?」と言うたけど 「もうええ」って言われました(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ママはアトム

Author:ママはアトム

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR