失言はホントに思ってること

政治家の失言が続いていますね。

避難解除地域に帰るかどうかは個人の問題 とか
がん患者は働かなきゃいい とか

また援護してた派閥のドンが
「マスコミが一部だけ切り取る」と文句言うてましたが・・・

以前 記事にも書いたけど 丸山弁護士が議員になってますが あの人も発言が批判されてたけど、あれは確かに一部だけ切り取ったマスコミの操作だったと思います。

だって全文読んだら理解できたもん。

でも 今回の自民党の方々は 全文読ましてもらっても きっと「言ってはいけないこと」になると思う。

そういうのを「失言」で済ますことができるんだろうか?

70にもなって がん患者がなんで働かないといけない状況になってるのかってのがわからない。
あるいは類推することができない。

「俺は家で50年 タバコを普通に吸ってるけど 誰も文句は言わない」と 平気で言うてたし。

でも 同じ自民党議員から「それは 思ってても言えないの!」「我慢してるの!」って。

「人の気持ちがわかる」ってテストあったら 0点やろね(笑)

この発言と70歳ということから判断しても もうこの人 引退の時期ですよね。

言葉というのは ポロっと言ってしまうのは思ってることしか言えない。
思ってないこと言うのは 頭も心も使うからひと呼吸遅れる。

ついでだけど 自民党 これ以上受動喫煙の対策を後退させるなら 老人の老害党と言われても仕方ないわ。

なんで 皆自民党がこうやって無茶苦茶やったり 言うたりしたこと すぐ忘れるんやろなぁ・・・。

皆の年金システムがこんな状況になってるのは 自民党の責任なんですよ!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ママはアトム

Author:ママはアトム

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR