FC2ブログ

加護亜依さん、それ発表すべき?

加護亜依さんが 弟さんの広汎性発達障害を発表しました。

18歳になった弟さんが「言っていいよ」と言ったとか。

「言っていいよ」と18の子が言ったからと 発表していいことにならない。

私は 発達障害に偏見を持っているのではない。

広汎性発達障害ってのはその子によって程度も困ってることの種類も違う。
本当に千差万別である。

もちろん 子供の程度によってはご両親やご家族の方は本当に大変な方もいらっしゃるし。

ある能力だけは欠けてるんだけど 他の能力に関しては普通の子より群を抜いて優れていたり、あるいは天才的だったりする。

一目見てわかる子もいれば 話していてもわからない子もいる。

だから 本当に周囲に告知する必要があれば別だが なければ発表する必要がないのではと思う。

加護亜依さんにどこまで発表する必要性があったのか疑問である。

私は早く「障害」って言葉の代わりの言葉が出来ればいいと思ってる。

それから 本当にかなりの割合で他者の介護や補助が必要な人と 「変わった特徴のある人」ということを周囲が理解するだけで済む人と今は一緒くた。
だって 定型発達者でも 誰でも1つや2つや3つ・・・いやそれ以上?人と変わったとこあるしね。

そういうカテゴリーがもう少しハッキリして「障害」という言葉がなくなれば 発表していっていいのかな?」と思う。

何故か?まだまだ キチンと理解している人は少ないし、発表することによるリスクが予想されるからです。
発表することがどうしても必要なら そのリスクも引き受ける準備も必要。
それくらいデリケートな問題です。

過去に子供の障害を発表した人は 「同じ子供さんを持つ人達とともに・・・」とか「マスコミに面白おかしくかかれまいとすると子供のことを秘密にしないといけない。子供を隠すようなことはイヤ。」とか こちらが納得して 応援したくなる理由だったと思う。

でも 今回の彼女の発表は 自分が忘れ去られないようにマスコミにネタを提供したようにしか思えないんだけど・・・。

言ってもよくて言わなくて良いのなら 賢明な人なら とりあえず言わないんだけど。

この人を見てると 自分が危うい人生を送るのは勝手だけど 未成年の弟さんまで巻き込んで欲しくないと思いました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ママはアトム

Author:ママはアトム

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR