アップルのカスタマーって非常識通り越して宇宙人か?

息子の携帯がIフォン。

私は以前 Ipodクラシックってのを買って 速攻動かなくなったし
正直 どう使っていいのか もうある年齢層ではわからんもんやなぁと実感したので
二度とアップルのものは買わないと決めてた。

息子にもそれを言って アンドロイド勧めたけど なんでかIフォンがいいって買ったんよね。

で バッテリーの交換か何かで修理の回収の人が来て 渡したんだけど・・・。

Iフォンって 修理の間の代替機ってのを貸し出さない。

しかも ワイモバイルで契約してたんですが ここカスタマー フリーダイヤルじゃないんですよ。

慣れた社員が出るといいんだけど 新人が出ると しょーもない問い合わせに「お待ちください」が 5回以上で40分近く。
いくら 携帯代が少し安くても これでは電話代がかさむ。

で 1週間後 アップルから届いたら代引きと言う。

息子はお金のいることは私に必ず言うてるはずなんで 一度持って帰ってもらう(←これ大事ですよ)

わからんもんは受け取ったらダメですよね。

で 息子がアップルと話すと 本来無料のものが 間違って有料で届いてしまったということ。

この時点でもう携帯が1週間ないわけです。

アップルと話すと 更に1週間かかると

なんでー????もう携帯は近くの宅配業者さんが持ってるわけよ。

そこから アップルのカスタマーと話したんだけど

スペシャリストって人達らしいけど。

とにかく まだ1週間かかるの一転張りだし 今携帯がどこにあるかわからないとのこと。

こちらは親切心で ドライバーの携帯番号を教えてやると

「ご自分で携帯を置いといてもらうように配送会社に電話してください」

「いやいや 代引きを有料から無料に変える手配があるんでしょ?それはあんたとこがしないと」と言うても 話が通じない。
「それは アップルさんの仕事でしょ?」(笑)

翌日 話を引き継いだ人が。

そしたら 代引きをうちが代わりに払って そのあと アップルから入金しますと。

「じゃ それでいいから 後から入金しますっていうメールを送ってください。そのあと 支払って携帯を受け取りますから」

A「そんなメールは送れません」「そんなくらいの金額でだましません」
 
私「いやいやそういうことでなく・・・。 それはビジネス上 当然のことでしょ?口約束だと後でトラブルになる場合があるのを 防ぐためでしょ」

全く 話が通じない。

A「そんなメールを私個人の名前で送れません」

私「いやいや アップルの〇〇さんで送るわけ」

全く話が通じない。

あげくに「じゃ 携帯を修理する前に戻しましょうか?」

私「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・???」「それって 意味がわからんけど 壊すっていう意味?」

A「(沈黙)」


翌日また違う社員

私「メールするのすらダメで 代替機もダメなら アップルさんのミスで携帯使えない時期の基本使用料払いなさいよ」

A「それはお客様とワイモバイルさんとの契約でうちは関係ないです」

「基本使用料の契約はうちとワイモバイルやけど 通常の使用を妨害したというので損害賠償請求ってのは成り立つと思うで。そちらの弁護士さんに尋ねたら?だってメールすれば済んでたこと 不思議な理論でやらなかったのはそちらやし」

「私は法律のことは詳しくないので そういうことろ論破されても 意味がないと思います」

もう 非常識な会社通り越して 宇宙人ですわ。

しかも 電話かけてきたとたんに「しばらくお待ちください」って保留にする時間と回数が長い長い。

3日連続 夕方から夜にかけて3~4時間程かかってました。この無駄な労力。


で 更に1週間かかると言うてたのに 突然 新品が届いた。

手紙には何の謝罪もなく 使い方が悪かったからきちんと使えという内容の文書が入っていたそう。

息子「バッテリーの交換頼んだだけやっんやけど・・・ 意味わからん」


そして アップルから電話がかかって その件かと思ったら 新品届いたこと知らんかったし。


なんか みんな有難がってアップルのIフォンとか パソコンとか使ってるけど
こんなとこ相手して しんどないんかなと思ってもた。

私はもう金輪際 相手にしませんが(笑)

まだパソコン買った息子が哀れで 苦情言うといたけど。


で とにかく 携帯はまだ息子未成年なんで私の名義になるから 少し高いけど auへ乗り換え。
解約手数料はもったいなかったけど またトラブルあると体に悪いし
その分 auが機種代金 かなりサービスしてくれたんで(←ホントびっくり)

ドコモとau が幅聞かせてた時代は もうやりたい放題で auにも 余計な請求されて返してくれなかったこともあったけど。

昨年 また同じようなことがあって 金額も大きかったので 「もう信用できひん」と言うと auショップの店員さん 本社にかけあってくれて 返金されました。

それ以来 そのお店のその数人の社員さん限定で信用してるので 機種変の相談に行った時も 話普通に通じるし(笑)ホッとしたわ。

この年になると 直接 質問に行けるお店が近くにある携帯会社がやっぱ安全。

しかし アップル・・・経営窮地にならんと 変わらんやろね。


後日談ですが・・・

支払ってもないのに 7800円の納品書が送られてきました。
もー意味わからんし、その後連絡はなにもないです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ママはアトム

Author:ママはアトム

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR