FC2ブログ

発達障害の子でも勉強を簡単にあきらめてはいけない

ある発達障害の女性の話をネットで読んで思った感想です。

特別支援学級に入ると 内申書がないから?出ないから?という問題があるみたいです。

そういう状況で学校と戦ってる保護者の方もいっぱいいらっしゃるみたいね。

でも まだ戦ってくれる親ならいいけど・・・

親が早よから諦めて 発達障害?アスペルガー?自閉症?なら特別支援学級?
ハイハイそうして下さい。みたいな簡単な人もいるみたい。

でも 子供の将来を考えると きちんと学校を卒業しているのとしてないのとでは
雲泥の差があると思う。

ただでも 自信のない子からさらに自信を奪ってしまう場合も。

もちろん知的に問題があって 小学校の一桁の足し算がやっと・・・っていう
そういう感じの子に「高校受験!」というても それは無理で
そんなことやらせたら 子供も親もまともな関係が破壊されると思う。

でも 普段の様子は少しおかしい・・・いや全然おかしくとも
通常の学級に在籍するのは問題があっても(←もちろんこれは学校と親が改善の努力が必要)
勉強に問題がなければ 内申書がきっちり出る状況にしておいた方が安全ですよね。

私が読んだのは お母さんが娘のことを発達障害で勉強できないと思ってたので
塾にも行かせてもらえず でも進研ゼミだけやらせてもらって
偏差値が50だったけど 特別支援学級だったので受験できなかったという女性です。

ホント 親にだけ子供の将来のことを任せるってのを もうやめないといけないと思うんだけど。
そこは学校もある程度は判断できると思う。

親の教育方針だけで 子供の進学を任せる時代はもうやめないと!

もう少し 学校の先生は「勉強のプロ」っていう意識を持ってもらいたいわ。
いじめも解決できひん ホンマ何ができるの?って尋ねたいわ。

クラブ活動の指導も部外者に委託とか言うてるし
それはそれでええから 子供の勉強と進学に関してはしっかりせんとね!




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ママはアトム

Author:ママはアトム

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR