日大アメフト問題 マインドコントロール?

日大の学生さんが会見して ある程度の真実が見えました。

その会見を拝見してて 思ったのが 前に書いた私の記事の本人が「やらない」という選択もできた。と書きましたが そこは撤回しないといけないと思いました。だから 書き直します。

もちろん 本人の責任というのは皆無にはならない。その部分の意見は変わっていませんが、そこは警察の捜査と心理学の専門家が判断することだと思いました。私は自分がわからない心理的な範疇の問題は言及しないことにしてるのです。その場面に遭遇した人しか体験できないことを 体験してない人があれこれ語る資格はないと思ってるので。

そして、これはマインドコントロールにしか思えない。

私が一番ひっかかったところは 何故そもそもの発端「お前はやる気があるように見えない」「代表を辞退しろ」という言葉が出た要因が見つかるのだろうか?という部分です。まだこれは仮定ですけどね。

この選手はかなりのレベルの選手であったことは疑いはない訳ですし つい最近までそのレベルであったと仮定してです。
それなら ただのインネンです。

なら これは 犯罪まがいのことをさせる為の布石だったのではないか?

そう思ってた時に 心理学者の中野先生が 「これはマインドコントロールです。その人が一番欲しいものを奪う。そして犯罪まがいのことをさせる。そうすると その人は後ろめたさをずーっと抱える。その後ろめたさを今度は利用してその人をコントロールする。」
「かなり巧みな方法であって 日本の企業でも多く見られる。」というお話をされてました。

特に真面目な人程 そういうふうにコントロールしやすいそうで、それをわかってて 監督・コーチはこの学生を利用したのではないか?
こういう疑念が払しょくできません。


ただ この会見を見て 日本全国民がこの学生を許したし 子を持つ親としては こんな真面目な子の未来が完全につぶれないで良かったと思いました。
もちろん 被害者本人とそのご家族はそれでも許せないかもですが そこは仕方ない。
でも きっと矛先は日大監督・コーチ・大学に向けられてるとは思います。

そして こんなにまじめで誠実そうな学生をそこまで追い込んだ 学校・監督・コーチにご両親はどれだけの怒りを持ってらっしゃるかと。

うちの子は今もバカですが 小さい頃はもっとバカな子でした。
真面目で人を疑わないから 悪いことを悪いこととわからずにやって怒られたり。もちろん 小中学生の子と大学生の子を一緒にはできませんけどね。その度に「なんで 周りの子はわかってて うちの子にちょっかいかけるねん!追い詰めるねん!」と思ってました。
でも 実行犯はうちの子 手を出したのもうちの子・・・結果そうなるので 問題になるんです。
それを思い出したんです。

でも 根気よく調査してひも解いて 結果 ホントに悪いのは〇〇君とか 〇〇先生 とかになるんですよね。
その調査・聞き込みも私本人でやったこともあります。

だから この学生のお父さんお母さんは 息子がテレビで大変なことをした姿を見てからは大変な労力とお金と使ってきたと思います。そして その心労はいかばかりかと推察して 胸が痛みました。
そして 顔まで出しての会見を決めたこの学生とご両親は大変勇気があり 賢明で立派であると思いました。

本人の決断でもあるでしょうが ご両親の「我が子をここで潰してなるものか!」という決意が現れた会見だったと思います。

いじめでも同じで 学校に睨まれたら・・・とか どうしたらええんやろ・・・とか 内申書が・・・とか そういう親だと今の学校は子を守れないんです。

日大の学生さんは 就職はもう絶望とか言われてたのが これで大どんでん返しになって これはご両親の必死の作戦勝ちです。作戦勝ちという言葉は悪いかもしれませんが 子を守るのに策がなくてどうします?本当に立派です。監督の悪口も言わなかったのは本人の性格か作戦かわかりませんが それもイメージアップに繋がった。

それに自分の責任だときっちり発言し、誠実に謝っていた姿は たくさんの人の心に残ったと思います。

もうこの学生はアメフトはやらないのかもしれない。嫌な記憶を思い出すし トラウマになってるやろしね。

でも ある大学の監督が「編入するならバックアップする」とコメントしてたそう。
私は 日大の〇〇というのを払拭する意味でも 他大学へ編入して スポーツを楽しいと思って欲しいなと思いました。


私も この学生と同じく 今回は 日大の監督・コーチ・学長・理事長のことは何も言わないでおきます。

神様は見てらっしゃるでしょうから。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ママはアトム

Author:ママはアトム

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR